風間幸蔵さんに聴く

 今、参議院選挙真っ最中、秋田ではイージスアショアが一大争点となっている。秋田で長い間、平和運動を取り組んできた風間幸蔵さん(86歳・秋田県平和委員会事務局長、イージス・アショアを考える県民の会事務局長)は、選挙期間中も通常の平和運動、宣伝活動を続けている。選挙中、平和運動に何が問われているのか、話を聞いた。

今、平和運動が試されるとき・風間幸蔵さんに聴く

イージスが争点、現地の声

選挙戦中も、基地に近い秋田市内では定例の宣伝行動や署名運動が取り組まれている。

7月5日にも毎週金曜日に行われている「イージス・アショアを考える勝平の会」のスタンディング(午前8時)、「イージス・アショアを考える県民の会」の署名活動(午後5時)が取り組まれた。「県民の会」は、今、「イージス・アショアの配備撤回を求める県民アピール」署名を集めている。同会代表委員の川野辺英昭さんは「ずさんな防衛省の調査方法が暴露されたこともあり、最近は多くの署名があつまります」と話した。

6月の沖縄取材のまとめ映像です(石垣島中心)

今回は、6月19日~27日と、宜野湾市、うるま市、石垣島、名護市とまわりました。以下、石垣島を中心にレポートします。

沖縄県石垣市では、3月1日の工事着工から3か月が経過した。その間に、特別天然記念物のカンムリワシの営巣が見つかった。しかしミサイル基地建設工事は続けられている。現場では、手製の「監視活動用ビニールハウス」が活躍し市民が連日監視活動を続けている。

続きを読む 6月の沖縄取材のまとめ映像です(石垣島中心)

成増上映会(6/29)

夕方から、成増(板橋区)で上映会をやっていただきました。主催は、「許さない1戦争法 オール板橋行動」。板橋のみなさんには一昨年衆議院選挙の映画「私たちは歩き始めた」の撮影で本当にお世話になりました。僕にとっては、市民運動、地域運動の老舗の皆さんにたくさんのことを学ばせていただきました。

続きを読む 成増上映会(6/29)