4月の沖縄行き

休みながら、さて、4月はどうするかと考えている。何故、4月に沖縄取材を考えたかというと、4月21日の衆院沖縄3区(玉城デニーさんの抜けた後の)補選もあるが、石垣島のある農家の方から、4月は、「パイナップルの収穫時期だよ」言われたからだ。

石垣市 開南 (基地建設予定地のすぐそば)
パイナップルが、収穫を待っている
続きを読む 4月の沖縄行き

一休み

結局、今回の福島行きは、断念しました。咳は収まりましたが、力がもどってこないのです。

3月と11月は、僕にとって鬼門です。特に3月は・・・。この温度差が、体にこたえる。しかし考えようによっては、「作戦をたてる」いい時期なのかもしれません。

石垣市大浜

振り返ってみると、昨年暮れから、12月台湾、1月コスタリカ、2月沖縄、その合間に、仕事と上映会と。その間、風邪一つひかずによくやりました。この年だから、自己満足も少しはいいのかもしれません。

続きを読む 一休み

小さな上映会

映画「沖縄から叫ぶ 戦争の時代」のミニ上映会が、渋谷区のとある喫茶店で開かれた。主催は、教育工房。教員が主体のグループで、沖縄や福島に大きな関心を持ち、何度も行き来している方もいる。これまでなんと、500回以上も続けてきた会である。参加は、12人だったが、内容はいたって濃かった。

続きを読む 小さな上映会

沖縄県民投票の日 普天間基地を歩く

「辺野古」県民投票、反対4分の1超 沖縄県民はどう受け止めたか

2月24日、「辺野古」県民投票が行われ開票結果が出た。反対票は、43万4273票で昨年沖縄県知事選挙の玉城デニー氏の得票数(39万6632票)を上回った。また、結果の尊重義務が生じる4分の1(28万8398票)をはるかに上回った。(投票率:52.48%)

続きを読む 沖縄県民投票の日 普天間基地を歩く

沖縄取材1日目

2月22日(木)

午後7:00頃 県庁前を降りたところで老人と話す。軍隊の話ばかりする。辺野古も仕方ない、日本はアメリカの植民地だからと。京都の連隊の話ばかりする。僕は、たとえ戦地体験がある人にせよ、ヤマトの人間が自分の苦労話を沖縄にかぶせることに非常に腹が立った。戦争体験を自慢げに語る人間よりだ。最初からついてない。先が思いやられる。しかし、今回はいろんな人と話しようと思う。

那覇市内

県庁前には、「県民投票」を呼びかける旗がたなびく。連絡会の宣伝カーが、通り過ぎる

県庁前

大きく手をふった。今、自分にできることだと思った。

続きを読む 沖縄取材1日目

今年の僕の映画製作のテーマは

なんか、だんだん、今年のテーマが見えてきました。
テーマとは、考えるたびに「やる気」がわくもの。
本来は、テーマ=シェーマ=命題なので、やる気とは少し違うと思うのですが。でも、突き詰めればそうなると思います。

僕の今年の映画つくりのテーマは、「人の話」です。

映画の中で「人の話=インタビュー」が長くなると、つまらなくなります。そこを魅せる映画というものを作ってみたい。

石垣島(2018年9月)
続きを読む 今年の僕の映画製作のテーマは

沖縄にふたたび

2月22日から3月2日まで、沖縄に行く。ふたたび、である。

昨年の今頃は、あわてていた。今度も、あわてても仕方のない情勢なのだけれど、今度はあわてたくない。前回は、「大変なことが起きている」ということがテーマだった。今年もそうなのだけれど、あわてたくないのです。

じっくり観なければと思います。

石垣島(2018年9月・石垣市議会議員選挙の最中に撮りました)
続きを読む 沖縄にふたたび