書籍「学校を辞めます」

書籍「学校を辞めます 51歳の僕の選択」(税込1320円)が電子書籍で再刊されました。

お申込みは、こちらから

https://www.amazon.co.jp/%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%82%92%E8%BE%9E%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%99-%E6%B9%AF%E6%9C%AC%E9%9B%85%E5%85%B8-ebook/dp/B081GKS2HN

キンドル

ブックライブ

電子版発刊にあたって

「『心の病』教職員休職高止まり」という記事が目にとまった(二〇一八年一二月二六日付朝日新聞)。記事によると二〇一七年度にうつ病などの精神疾患、いわゆる「心の病」で休職した全国の公立小中学校などの教職員が五〇七七人(前年度比一八六人増)だったという(文部科学省調査)。そして、この数値は一〇年前から毎年五千人前後で続いているとも報じていた。

僕が二〇〇六年に公立小学校教員を自主退職して、一三年がたった。学校の労働環境は、私のいたころと比べて良くなっているのだろうか。

東京都教育委員会は、二〇一九年五月二三日、都立学校の時間外労働(サービス残業)について、原則として月四五時間とを上限とすることを決めた。これまで都は、学校教員の残業の上限を過労死の労災認定ラインである月八〇時間に設定していた。それを減らしたことは当然として、「月四五時間まで残業させてよし」としても一日平均残業時間は二時間以上になる。これで学校現場の教職員の過重労働の問題は、解消できるのだろうか。もとより、サービス残業自体を公に認めていいのだろうか。

僕は、今は現場にいないので学校の中のことは正確にはわからない。しかし、新聞を見ているだけでも学校現場が心配になる。それが、「電子版」発刊の一番の動機だ。

僕が自主退職したころ、学校は「教育改革」と称して大きく変えられようとしていた。僕が勤務していた小学校の場合、能力別授業、共通学力テスト、学校自由選択制、英語教育等の導入、教員には勤務評定の実質導入など、子どもたちにも教職員にも競争させることで学ばせる、働かせるという考え方が矢継ぎ早に教育委員会から降りてきた。この考え方は、東京都から始まり、今や全国に広まっている。

僕は、学校現場の労働過重の根本原因は「競争原理の導入」だと考えている。僕は、その導入過程の渦中にいた。この電子版がその頃のことを今一度振り返り、また知らない方には知っていただき、今の学校を見つめなおす一助になれればと考えている。(二〇一九年一〇月)