「今日この頃」カテゴリーアーカイブ

今日の都知事の会見

今日の小池都知事の会見で、発見がありました。
都の担当者の発言ですが、現在の感染者数を導き出した「PCR検査は、氷山の一角です」とはっきり言ったのです。

素朴に考えて、「氷山の一角」だけの検証で、方針が出るのでしょうか。その後、さすがにその担当者は付け加えました。「検査の前段階」(これを、例えば発熱による「受診者数」の変化を例にあげていました)を参考にしていると。

続きを読む 今日の都知事の会見

光るメディア

今日は、コロナ危機報道に加え、都心も寒気と雪に覆われ、僕は体調が悪く朝から床に臥せていた。気分的にも最悪だった。だいぶ、この社会の閉塞感に参っていたんだと思う。それを、少しずつ晴らしてくれたものがある。

一つは、朝日新聞の坂本龍一のコラム。まずは、読んでいただきたい。忌野清志郎が生前言っていたことば。「危機は権力に利用されやすい」僕たちは、3・11を経験したはずなのに、また同じ轍を踏もうとしていた。

続きを読む 光るメディア

何故、都の「外出自粛要請」に反対意見が無いのか!?

●無理強いの「外出自粛」
東京都は、小池東京都知事が3月25日、記者会見で「外出自粛要請」を訴えた。そして、イベント自粛も同時に訴えた。その根拠は、「感染したことが判明した患者さんは、計41名」「一昨日が16名」だからということである。

これが、「外出自粛」の根拠になるのだろうか?確かにこの病気、治療法が確立されていない。そして、感染力がこれまでの感染症と比べて強いということが言われてはいる。しかし、知事としてやるべきことがまだあるのではないだろうか? 一つは、検査対象を広げ、保菌者がどれくらいいるのかのデータをより確実にすることである。小池知事が「外出自粛」の根拠とあげた「患者41名」の背景には、「検査87人」という数字がある。東京都では、1日に100人に満たない数にしか検査が行われていないのである。
陽性患者数(3月27日1日分・東京都発表)↓

続きを読む 何故、都の「外出自粛要請」に反対意見が無いのか!?

「感染者数」がきわめて不正確

首都圏の知事がこぞって「外出自粛」「往来自粛」を発している。マスコミも完全にその「発令」にのっかっている。とても危険な状態は、行政(権力)とマスコミが発生源だということを認識したい。つまり、「コロナ危機」は、確かにあるのだが、とても不正確な情報をもとに出されているのだ。

まず、東京都発しているデータを見る。

東京都発表(2020年3月27日)
続きを読む 「感染者数」がきわめて不正確

自主開校の学校が出始めています

自分自身教員出身ということもあり
コロナ危機に対する学校の休校措置について
都内の取材を行っています。

政府は、この事態に対して「対策本部」が「休校延長せず」
という方針を出しましたが、現場(保育園、学童クラブなど)
には子どもが集中し、職員が対応できず混乱しています。

その中で、自主的に学校を子どもの居場所として開放する動き
が始まっています。(以下の教委HP参照)

何らかの子どもを学校に来させる対応をしている市区教委
*八王子市
https://www.city.hachioji.tokyo.jp/…/kyoiku/001/p026268.html

*東村山市
https://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/…/20200228korona.…

*小金井市
https://www.city.koganei.lg.jp/…/s…/20200228coronavirus.html

*稲城市
https://www.city.inagi.tokyo.jp/…/kyou…/gakkou_kyuugyou.html

続きを読む 自主開校の学校が出始めています

誰が社会を担っているのか

20日、政府は「新型コロナ対策本部」を開き、学校の休校を延長しないことを決めた。

2月27日に休校要請を出してから、一転である。コロナの現状は好転していない。27日に出した指示は、中1日だけおいて、即休校実施指示である。現場は、大混乱した。保育所、学童クラブ、地域の公園等に子どもがあふれた。まさに、無政府状態である。

続きを読む 誰が社会を担っているのか

「プロ」って、何?

プロって何だろう?って考えるべきだと思う。僕が教員時代は、「プロ意識」は全くなかった。そんな意識になる余裕がなかったからだと思う。子どもとの関わり、管理職との闘いはプロ意識を許さない。

「労働者」意識のみだった。公務員であっても、生産手段を持たない、賃金労働という環境があったからだ。

続きを読む 「プロ」って、何?

コロナ危機の中、国会前に600人

3月19日、「官邸の検察人事介入糾弾!自衛隊は中東沖から撤退せよ!特措法の緊急事態宣言使うな!安倍9条改憲発議NO!3.19国会議員会館前行動」が衆議院第2議員会館前(東京、千代田区)が開催され、コロナ危機が叫ばれる中でも、600人が集まった。(主催・戦争させない・9条こわすな!総がかり行動実行委員会)

続きを読む コロナ危機の中、国会前に600人

さあ、映画の出番

今日の「ひるおび」で、唖然とした。日本も、ヨーロッパのように強権をもっと発動すべきの論調。コメンテーターも、司会も。ここは、どんどんTBSをたたくべきだと思う。

しかし、一方、TV朝日の羽鳥モーニングショーは、ステレオタイプで議論のごった煮の感はあるが、一発報道に終わらせず、毎日、問題の掘り下げを行っている。このように、議論を続けると、「減税も必要か」という意見もあぶりだされてくる。

続きを読む さあ、映画の出番

僕が映画を創る理由

かっての友人がこの世を去った
僕と同じ年だ
悲しいという気持ちは、もちろんある
そして、過去を振り返りたくなる
過去の自分を正当化したくなる
更には、今の自分を勇気づけたくもなる
何と言っても同じ年のかっての友が逝ったのだから

今僕が抜けられないことは、映画を創ること
今までは「今」が苦しいから、「これまで」が苦しかったから
映画創りが僕を救ってくれたと思ってきた
しかしかっての友の死で気づかされた

続きを読む 僕が映画を創る理由