「上映会」カテゴリーアーカイブ

大阪で「沖縄から叫ぶ 戦争の時代」上映

昨年11月に東京で開催された「東京ドキュメンタリー映画祭2019」がまったく同じプログラムで大阪で開催されます(8月29日~9月4日)

拙作「沖縄から叫ぶ 戦争の時代」(60分・同映画祭で準グランプリ受賞)も上映されます。コロナ禍が拡大する中、必要性に迫られての開催だと思います。

続きを読む 大阪で「沖縄から叫ぶ 戦争の時代」上映

上映屋運動 こちらから上映に伺います!

コロナ禍のおかげで、上映活動がほとんどできていません。しかし、コロナがあろうがなかろうが、基地は通常通り機能しています。夜中でも軍用機が、ブンブンとんでいるのです。

また、基地建設も、「緊急事態宣言」が出ても続けられました。

そこで考えついたのが、映画「沖縄と本土 一緒に闘う」上映屋運動です。

大きな集会でなくてもいいです。できる空間があれば、どこへでも伺いますので
お声をおかけください。

「一緒に闘う」完成上映会、やりました!

コロナ禍のお陰で、2か月のびていた拙作「沖縄と本土 一緒に闘う」(60分)の完成上映会が、昨日飯田橋の東京ボランティア市民活動センターで開催されました。(主催・ビデオアクト)

この開催には、いろいろ条件がついていました。定員30人、参加者名簿を作る、参加者は消毒液の利用、マスクの着用を行う。部屋の喚起を行う。

今回は、実施前にお申し込みが上限に達してしまい、お断りしなければならない方がおられました。また当日の昨日は、キャンセル待ちで来られたお客様がおられ、お待ちいただいたこと。30人を超えたので、スタッフが2人外に出たこと。大変、申し訳なかったです。

続きを読む 「一緒に闘う」完成上映会、やりました!

秋田魁新報の防衛省ずさん調査報道が新聞博物館で展示

イージス・アショアの秋田県秋田市新屋演習場への配備計画の報告書にある、同地が適地であるという調査報告書が極めて杜撰であったことを暴露した、秋田魁新報社が、2019年の「新聞協会賞」を受賞した。その関連資料が、新聞博物館(神奈川県横浜市)で14日まで展示されている。

続きを読む 秋田魁新報の防衛省ずさん調査報道が新聞博物館で展示

6/18完成上映会, 定員30人です!

昨日、会場の東京ボランティア市民活動センターから主催者のビデオアクトあてに「コロナウィルス感染拡大防止のため、会場定員を30人とします」「万が一感染者が出た場合に備え、参加者の名前、連絡先を把握してください」という連絡が入りました。

ご鑑賞ご希望の方は、なるべく早くお申し込みください。(申込先は、下)

私としましては、上映が可能となったことが先ずはうれしいです。

映画「本土と沖縄 一緒に闘う」より
続きを読む 6/18完成上映会, 定員30人です!

延期していた完成上映会、やる予定です

4月23日(木)延期となりました私の新作映画「沖縄と本土 一緒に闘う」(60分)の完成上映会(ビデオアクト主催・第100回記念)、6月18日(木)には今のところやる予定でおります。というか、やりたいの一言です。

続きを読む 延期していた完成上映会、やる予定です

本来なら、完成上映会の日

本来でしたら、本日4月23日は、拙い新作映画「沖縄と本土 一緒に闘う」(61分)の完成上映会(ビデオアクト主催・第100回上映会)でした。

会場の東京ボランティア・市民活動センター

延期(6月18日)の告知はすんでいましたが、念のため会場に行きました。幸いにも、おいでの方はおられませんでした。

様子を見てる間、会場の「東京ボランティア・市民活動センター」の方が通るたびに「すみませんでした」と頭をさげておられました。そして、椅子まで貸していただきました。

続きを読む 本来なら、完成上映会の日

「沖縄と本土 一緒に闘う」(60分) 完成上映会を延期いたします DVD販売開始!

*4月23日予定の上映会は、延期です

4月23日(木)夕方7時開演予定、私の新作映画「沖縄と本土 一緒に闘う」(60分)の完成上映会(主催・ビデオアクト 第100回定期上映会)について、会場の東京ボランティア市民活動センターから「緊急事態宣言が出た関係で、5月6日まで休館となります」という連絡が入りました。

非常に残念ですが、4月23日の完成上映会は中止とせざるをえなくなりました。

続きを読む 「沖縄と本土 一緒に闘う」(60分) 完成上映会を延期いたします DVD販売開始!

完成上映会中止or延期にあたって 少しでも多くのエネルギーをためて

4月23日(木)夕方7時開演予定、私の新作映画「沖縄と本土 一緒に闘う」(60分)の完成上映会について、会場の東京ボランティア市民活動センターから「緊急事態宣言が出た関係で、5月6日まで休館となります」という連絡が入りました。

非常に残念ですが、4月23日の完成上映会は中止とせざるをえなくなりました。

新作映画「沖縄と本土 一緒に闘う」より

「残念」という実感が一番します。そして、「納得」ができません。「緊急事態宣言」のおかげです。開館しても罰則は受けないのですが、もし開館して何かあった場合国は何も責任は負わず、すべて当該に責任が行く仕組みができたということです。何よりも「宣言」の根拠となるはずのPCR検査が東京の場合でも異常に少なく、感染実態がほとんど把握できていない中での行政指導はあってはならないことです。

続きを読む 完成上映会中止or延期にあたって 少しでも多くのエネルギーをためて