「上映会」カテゴリーアーカイブ

沖縄のこと、知らなければいけない

7月10日、長野県松本市(勤労者福祉センター)で「沖縄と本土 一緒に闘う」自主上映会が開催されました(主催:希望・長野ネット)。コロナで」大変な中、40人集まっていただけました。

希望・長野ネットは、これまで市民の野党の共闘の運動を取り組んできました。僕は、2016年初めて国政選挙で野党共闘が取り組まれたとき、希望・長野ネットの集会の取材から野党共闘の映画作りをスタートさせました。希望・長野ネットは、野党共闘だけでなく、沖縄問題、環境問題、反原発、文化・芸術活動、教育問題、食の問題などなど、あらゆることに取り組んできました。野党共闘は、取り組むべき課題の一つだったのだと思います。

続きを読む 沖縄のこと、知らなければいけない

都議選前日、手作り感満載の上映会

7月3日、東京都東村山市(東村山ふるさと歴史館)で「沖縄と本土 一緒に闘う」の自主上映会がありました。主催は、「みんなの憲法委員会」です。手作り感満載の上映会でした。主催者の方が、今日の日のためにマスクをはずして話せるようにと手製の「フェイスシールド」を作ってくださいました。

都議会議員選挙前日だというのに、35人ほどの方が集まっていただき、何より準備がすごかったです。重厚な資料、当日のスタッフさんなど。同会の日ごろの活動のキャリアを感じました。

続きを読む 都議選前日、手作り感満載の上映会

「沖縄と本土 一緒に闘う」販売200本達成!

「沖縄と本土 一緒に闘う」のDVDが、販売200本を達成しました。販売開始が昨年6月。完成上映会と同時にDVD普及もスタートしました。ただ、コロナの影響で完成上映会が2か月遅れ、DVDの普及も遅れました。1年かけて達成したのが200本です。少ないかもしれませんが、ここにはいろんな意味がこめられています。

続きを読む 「沖縄と本土 一緒に闘う」販売200本達成!

選挙が始まる最中、上映会を開催

6月13日、青梅市福祉センターで「沖縄と本土 一緒に闘う」の上映会を開催していただきました(主催:青梅9条の会)。

開会の際、主催者の方が「今回は開催するか本当に悩みました。会館が昼間だけ開くということがわかったので、開会に踏み切りました。沖縄の課題はそれだけ大事だからです」と話されたのには感動しました。主催者にとっては、大変なことなのです。

続きを読む 選挙が始まる最中、上映会を開催

文京区本郷で上映会

5月22日、「沖縄と本土 一緒に闘う」上映会が、東京都文京区本郷で開かれました(主催:本郷文化フォーラムワーカーズスクール・HOWS)。参加は10数名でしたが、僕にとってはとてもありがたい上映会でした。というのも、今月予定されていた2回の自主上映会がコロナの影響で相次いで相次いで延期になったからです。

また一方では、憲法や基地周辺法など危険な法案が国会で審議されており、なんとか沖縄の状況を伝えたいという気持ちも自分の中で高まっていました。

続きを読む 文京区本郷で上映会

狛江で上映会 コロナでも20人参加

4月20日、平日の2時から、東京都狛江市(上和泉地域センター)で映画「沖縄と本土 一緒に闘う」の自主上映会が開催されました(主催:新日本婦人の会 カメノコ班)。3密のルールをしっかり守って、間隔をとって座っていただき、ほぼ満席の20人の方が集まっていただきました。

続きを読む 狛江で上映会 コロナでも20人参加

「そんなのおかしい!」参加者の怒り

2月21日、日野市で拙作「沖縄と本土 一緒に闘う」の上映会を開催していただきました。(主催・日野市民9条の会)この会は、実は昨年12月20日に同じ日野市で開催していただいた「日野あじさい上映会」の場にわざわざきていただいたSさんが、ご自身が所属する「9条の会」でもと開催していただいたものです。このようにつながって上映会が続いてきたことが、コロナでもできた、続けられた要因の一つだと思います。

この上映会では、石垣島住民投票義務付け訴訟の判決、「規則は一般的、抽象的であるから処分性がない」つまり行政訴訟の対象にならない、という判決に「おかしい!」と大きな声を上げた方がおられました。同会に弁護士の方も参加されていたので、ご意見を求めましたが、「裁判所が一番楽な判決を選択した」と言っておられました。

続きを読む 「そんなのおかしい!」参加者の怒り

石垣の人は、本土の動きをどう見てるのか?

 2月13日、千葉県市川市で「沖縄と本土 一緒に闘う」の上映会がありました(主催・「戦争はいやだ!市川市民の会」)。参加は20人。昨年、前作の「沖縄は叫ぶ 戦争の時代」の上映もしていた市民団体です。

 何よりも、コロナで収束のきざしがみえつつも緊急事態宣言下でこれだけ集まっていただいたことに感謝です。

 千葉県では、自衛隊木更津駐屯地にすでに2機のオスプレイが配備されており、今月さらに5機が追加配備されるという報道が流れています。重要なことは、このことが南西諸島への自衛隊の防衛戦略である、九州佐世保を本拠地とした日本版海兵隊「水陸機動団」の一環だということです。

続きを読む 石垣の人は、本土の動きをどう見てるのか?

緊急事態でも上映会はできます

1月11日、東京都調布市の「たづくり映像シアター」で、「沖縄から叫ぶ 戦争の時代」の上映会があり、44人来てくださりました。(主催・調布「憲法ひろば」)

この会は、毎月なんらかの例会をやられており、今回は162回目になります。

続きを読む 緊急事態でも上映会はできます