「緊急事態宣言」下の目黒区長選挙で前進

市民連合めぐろ・せたがや 沢井正代さんに聴く

「緊急事態宣言」下という本来あってはいけない状況下で、野党共闘による目黒区長選挙が実現し闘われた。結果は、惜敗。前回の結果から比べると、山本ひろこさんは候補者が増えたにもかかわらず票数を増やし、大きな前進をかちとった。

○今回の結果(投票率:33.33%)

青木英二  30178 自民、公明推薦

山本ひろこ 26908 立民、共産、社民、生活ネット推薦

たぶち正文 18588 維新公認

○前回の結果(26.02%)

青木英二  33190 自民、公明、社民、民進推薦

小泉 一  22814 共産推薦

コロナ状況下ということで、結果が出た後は候補者を囲んでの集会は行われなかった。選挙事務所で開票を見守った数名の支援者からは、結果が出たとたん「くやしい!」という声があがった。

野党共闘を担った、「市民連合めぐろ・せたがや」の沢井正代さんは、今後について「コロナについて政府がどんな補正予算を組むのかまったく対策が示されていないです。区民が一緒になってコロナ対策の緊急予算を求めていきたいです」と語った。(湯本雅典 4月19日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA