湯本 雅典 のすべての投稿

石垣島ですすむ住民無視の自衛隊基地建設・現地ルポ

沖縄県石垣島で、住民の意向を無視した陸上自衛隊ミサイル基地建設工事が来年3月完成をめざしてすすめられている。基地周辺を歩くと、基地建設の轟音が鳴り響いている。道路は資材や土砂を積んだトラックが、ひっきりなしに通る。現場周辺には、集落、田畑、学校があり牛が放牧されている。

沖縄防衛局は先月25日工事現場周辺でカンムリワシ(国指定天然記念物)の営巣が確認されたため、大騒音をともなう工事は控えると発表したが、筆者の耳にはとてもそのようには感じられなかった。

続きを読む 石垣島ですすむ住民無視の自衛隊基地建設・現地ルポ

自然と沖縄に向かっていた

5月14日、東京都板橋区成増(まなぽーと板橋)で「若きハルサーたちの唄」の自主上映会がありました。主催は、「チェンジ国政!板橋の会 第5ブロック」。私は、2017年の衆議院選挙の取材依頼、板橋区にはお世話になっています。「チェンジ国政!板橋の会」は、文字通り国政を変えるために市民と野党の共闘による選挙運動を支えている市民団体です。現在は、選挙区(東京11区)を6つにブロック分けして運動をすすめています。

今板橋区では、7月の参議院選挙に向けて改憲を許さないさまざまな活動をすすめています。その一環として設定していただいた今回の上映会、第5ブロックを中心に30人以上集まっていただきました。ときおりしも沖縄返還50年目の前日、そして7月の重要な参議院選挙を前ということもあってか、参加者からはさまざまなご意見ご質問が出されました。

続きを読む 自然と沖縄に向かっていた

参院選に向け、市民連合がシンポ

5月9日、衆議院第2議員会館(東京都千代田区)で「参議院選挙勝利に向けた市民連合シンポジウム」(以下「シンポ」)が開かれ、2か月後に迫った参議院選挙に向けた立憲野党への「市民連合の政策要望書」が提案され確認された。

「政策要望書」の内容は、「平和国家路線の堅持と発展」「暮らしと命を守るための政策の拡充」「気候変動対策の強化とエネルギー転換の推進」「平等と人権保障の徹底」の4項目。参加した野党議員は、西村ちなみさん(立憲民主党幹事長)、小池晃さん(日本共産党書記局長)、福島瑞穂さん(社会民主党党首)、嘉田由紀子さん(碧水会)、伊波洋一さん(沖縄の風)である。

続きを読む 参院選に向け、市民連合がシンポ

「まずは、参議院選挙です」(市民連合・中野晃一さん)

5月3日、憲法施行75周年の節目で「改憲発議許さない!2022憲法大集会」が東京都江東区の有明防災公園で開催され、15000人が集まった(主催:平和といのちと人権を!5.3憲法集会実行委員会)。

続きを読む 「まずは、参議院選挙です」(市民連合・中野晃一さん)

杉並区で上映会 もっとやりたいと感じてます

4月30日、東京都杉並区(阿佐ヶ谷地域区民センター)で「島がミサイル基地になるのか 若きハルサーたちの唄」に自主上映会が開かれました。集会の名称は、「復帰50年 沖縄に連帯するつどい」。主催は、杉並平和委員会とアジア、アフリカ、ラテンアメリカ連帯委員会杉並支部で参加は、約30人でした。

今年は、沖縄本土復帰50年でさすがにマスコミでも沖縄の問題、基地の問題が取り上げられています。しかし、そんな中でも、南西諸島の軍事化についてはほとんど報道されない事態が続いています。今日も、「本土に伝わっていない」という感想が聞かれました。

続きを読む 杉並区で上映会 もっとやりたいと感じてます

憲法映画祭2022で「若きハルサーの唄」上映

4月23日、都内の武蔵野公会堂で「憲法映画祭2022」が開催され、上映作品8本のひとつとして、「島がミサイル基地になるのか 若きハルサーたちの唄」が上映された。(主催:憲法を考える映画の会、期間は、4月23日~24日)

続きを読む 憲法映画祭2022で「若きハルサーの唄」上映

「海洋放出は安全」チラシを全国の学校で配布   菊池福島県教組副委員長に聞く

政府(経産省、復興庁)は、全国の小、中、高等学校に福島第一原発汚染水の海洋放出を後押しするチラシを昨年12月におろした。

菊池福島県教組副委員長
経産省発行チラシ(小学校向け)
復興庁発行チラシ(中・高生向け)
続きを読む 「海洋放出は安全」チラシを全国の学校で配布   菊池福島県教組副委員長に聞く

上映会は、討論の場~上映会で気づいたこと

4月3日、千葉県野田市で映画「島がミサイル基地になるのか 若きハルサーたちの唄」上映会が開かれました。主催は、野田南地域9条の会。参加は11人でした。

この会は、毎月このような上映会をやられています。これまで、TBS報道特集の金平茂樹さん、映画監督の三上智恵さんもお呼びしています。このような上映会を、毎月続けているということに大きく脱帽です。

続きを読む 上映会は、討論の場~上映会で気づいたこと

図書館で沖縄・平和展 自主上映会も開催

3月25日、JR青梅線河辺駅近くの青梅市中央図書館多目的室(東京都青梅市)で「もっと知ろう 沖縄・平和」展が開かれ、そのイベント企画で「島がミサイル基地になるのか 若きハルサーたちの唄」の自主上映会が開かれました。(主催:同実行委員会)

参加は、平日の昼間であったにもかかわらず約40人に鑑賞していただきました。鑑賞後の意見交流では、「やはり、今年の沖縄県知事選は重要だと思った。沖縄だけの問題ではない」「石垣市の選挙の結果を見て、市民のあきらめが大きくなってきたのかと思っていたが、今日の講演で自公の組織戦がすさまじかったということを聞いて、少し納得した」「参議院選挙が近づいてきて、あせりを感じる。どうすればいいかなやんでいる」といったご意見が出されました。皆さん、これから今年、どうすればいいのかで真剣に悩んでおられると感じました。

続きを読む 図書館で沖縄・平和展 自主上映会も開催

機械の操作も運動・富山ズーム上映会

富山県で「島がミサイル基地になるのか 若きハルサーたちの唄」のズーム上映会をやっていただきました。主催は、「憲法をまもるおやべの会」、毎月憲法カフェをやられていて、その一環で上映していただきました。

参加は、11人。初めてということもあり、初々しい質問が続きました。

続きを読む 機械の操作も運動・富山ズーム上映会