湯本 雅典 のすべての投稿

都知事選の状況

投票日前世論調査結果が出た。朝日新聞、東京新聞とも現職有利となっている。無党派層に大きく食い込み、野党支持層からもある程度の支持を得ている。一方、宇都宮さん、太郎さんの票が思った以上に伸びていないという評価のようだ。

自民、公明の組織票が、前回と違い今回完全に現職支援に回っているのは、残念ながら認めざるを得ない。先月初めに行われた沖縄県議選でも自民党が大きく伸びた。自民、公明組織票の影響だ。そして、コロナの危機感が、今回大きくただよっている。僕が、今回の都知事選挙で一番感じているのは、コロナで被害を受けた人々の声が選挙の中でまったく浮上してこないことだ。宇都宮さんも太郎さんも必死でここを訴えている。しかし、世論調査にそこが反映され切れていない。

マスコミも、連日の感染者数の動向に報道の焦点があたったままで、危機の打開策に目をむけさせようという意図が感じられない。選挙は、政策争点をめぐって社会が高揚する唯一の場だ。しかし、組織票選挙の色合いが強い場合、争点はしぼむ。結果、投票率は落ちる。沖縄県議選では、前回比7ポイントも落ちた。

今回の選挙、僕自身なかなか思うような取材ができていないが、見ておきたいポイントは、コロナで被害を受けた人々の動向だ。これが、選挙結果にどこまで反映されるか。しっかり見ておかなければならないと思っている。


上映屋運動 こちらから上映に伺います!

コロナ禍のおかげで、上映活動がほとんどできていません。しかし、コロナがあろうがなかろうが、基地は通常通り機能しています。夜中でも軍用機が、ブンブンとんでいるのです。

また、基地建設も、「緊急事態宣言」が出ても続けられました。

そこで考えついたのが、映画「沖縄と本土 一緒に闘う」上映屋運動です。

大きな集会でなくてもいいです。できる空間があれば、どこへでも伺いますので
お声をおかけください。

「一緒に闘う」完成上映会、やりました!

コロナ禍のお陰で、2か月のびていた拙作「沖縄と本土 一緒に闘う」(60分)の完成上映会が、昨日飯田橋の東京ボランティア市民活動センターで開催されました。(主催・ビデオアクト)

この開催には、いろいろ条件がついていました。定員30人、参加者名簿を作る、参加者は消毒液の利用、マスクの着用を行う。部屋の喚起を行う。

今回は、実施前にお申し込みが上限に達してしまい、お断りしなければならない方がおられました。また当日の昨日は、キャンセル待ちで来られたお客様がおられ、お待ちいただいたこと。30人を超えたので、スタッフが2人外に出たこと。大変、申し訳なかったです。

続きを読む 「一緒に闘う」完成上映会、やりました!

都知事選、始まる2

僕は、宇都宮さん、太郎さんどちらかがよくて、どちらかが悪いなんてことは言いたくありません。今回はこうなってしまったのだから、お二人の票、つまり反現職、反都市開発、庶民優先の都政を目指す票をそれぞれ伸ばして、現職の票を減らし、落選に追い込むことは、目指すべきです。

今後の教訓として、2016年の野党共闘選挙を思い出し、先ずは市民と野党が共通のテーブルに着き、議論を積み重ねる場づくりから始めるべきだと思います。何故今回それができなかったのか、僕は、その努力を積み重ねてきた方々を観てきただけに、東京というところはそれほど難しいところなのだと痛切に感じます。

続きを読む 都知事選、始まる2

都知事選が始まる1

山本太郎さんの記者会見、全部聞きました。太郎さん、話がうまくなったなあと思います。だから、どうしてもわからなかったことが、よくわかりました。

太郎さんは、勝てるのでしょうか?
これは、どの記者も聞きませんでした。ただ、「山本さんが出ることで、宇都宮さんの票を食うのでは?」の質問に、太郎さん曰く、「否、僕が出ることで、選挙に関心ない方に浸透します」という答え。

なぜ宇都宮さんでは、無党派層に浸透しないのかがわかりません。また、宇都宮さんの票を「食うのでは」の答えになっていないのでは。そして、太郎さんが勝てる可能性の話にもなっていないと思います。

続きを読む 都知事選が始まる1

秋田魁新報の防衛省ずさん調査報道が新聞博物館で展示

イージス・アショアの秋田県秋田市新屋演習場への配備計画の報告書にある、同地が適地であるという調査報告書が極めて杜撰であったことを暴露した、秋田魁新報社が、2019年の「新聞協会賞」を受賞した。その関連資料が、新聞博物館(神奈川県横浜市)で14日まで展示されている。

続きを読む 秋田魁新報の防衛省ずさん調査報道が新聞博物館で展示

「石垣島住民投票義務付け訴訟」結審 判決は、8月27日

「石垣島住民投票義務付け訴訟」が9日結審した(那覇地裁・平山馨裁判長)。

裁判後の報告集会

石垣島では、昨年3月から陸上自衛隊ミサイル基地の建設が始まっている。この問題に対して住民投票を要求する運動が起こり、石垣市の有権者の3分の1を越える署名が集まった。しかし石垣市議会は住民投票条例案を賛否同数の結果、議長採決で否決した。

続きを読む 「石垣島住民投票義務付け訴訟」結審 判決は、8月27日