「沖縄と本土 一緒に闘う」(60分) 完成上映会を延期いたします DVD販売開始!

*4月23日予定の上映会は、延期です

4月23日(木)夕方7時開演予定、私の新作映画「沖縄と本土 一緒に闘う」(60分)の完成上映会(主催・ビデオアクト 第100回定期上映会)について、会場の東京ボランティア市民活動センターから「緊急事態宣言が出た関係で、5月6日まで休館となります」という連絡が入りました。

非常に残念ですが、4月23日の完成上映会は中止とせざるをえなくなりました。

「残念」という実感が一番します。そして、「納得」ができません。「緊急事態宣言」のおかげです。開館しても罰則は受けないのですが、もし開館して何かあった場合、国は何も責任は負わずすべて当該に責任が行く仕組みができたということです。何よりも「宣言」の根拠となるはずのPCR検査が東京の場合でも異常に少なく、感染実態がほとんど把握できていない中での行政指導はあってはならないことです。

*延期日程について

完成上映会は、以下に延期します。

期日:6月18日(木)夕方6:30開場、7:00開演 

会場:東京ボランティア市民活動センター(JR飯田橋駅1分)

沖縄では、コロナに関係なく基地建設がすすんでいます。辺野古でも、石垣島でも。このコロナの渦中、私は沖縄映画第3部の製作にとりかかっていました。しかし、石垣島住民投票裁判が延期になり、沖縄も石垣島も来県、来島自粛を言い出す始末で、予定していた取材を延期にしました。でも、基地建設はやっているのです。コロナ危機より大事な基地建設とは何なのか、私はわかりません。住民の皆さんも、納得できる方は少ないのではと思います。

会場である「東京ボランティア 市民活動センター」が、新型コロナ対策で休館にならない限り、上映会は開催いたします。

・上映会開催の際は、コロナ感染防止対策として「換気」「席の間を空ける」等の配慮をいたします。

・参加される皆様におかれましては、ご自身の健康管理(具合の悪い場合は無理をしない、マスクの携帯等)につきましてご注意お願いいたします。

*DVD頒布開始

沖縄の基地建設問題、考えることを止めてはいけないと思い、予定では完成上映会後に始めるつもりでしたDVD「沖縄と本土 一緒に闘う」の頒布を開始いたします。詳細は、以下です。

・DVD代金:2000円(税込) 送料別、振込手数料もかかります

・上映権付です。ただし、自主上映されるときは、記録に残したいのでご一報はください。

・申し込み先 

湯本雅典 yumo@estate.ocn.ne.jp

    湯本雅典公式サイト(「ビデオ作品」からお入りください) https://yumo.blue/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA