劇団員は表現を止めない

芝居を生業にする人たちは、ほぼすべて、今仕事を奪われている。青年劇場では、秋の公演まで開演の目途がつかないという。劇団員は補償されるはずの支援を求めているのだが、そのめども立っていないという極めて厳しい、不合理な状況が演劇界で続いている。

福山啓子さん

そんな中で、青年劇場有志が、お客さんからのリクエストもあり、オンラインで朗読劇「生きる」(谷川俊太郎作)を製作しユーチューブにあげている。

青年劇場有志による朗読劇「生きる」
福山啓子さんインタビュー

この企画、もともとは「平和へのメッセージ」というタイトルで、劇団員有志が毎年朗読構成を演じてきたもの。それを今回は谷川俊太郎作「生きる」とした、それも団員の方の「いまやるんだったらこれがいいのでは」という発案だったという。そして、福山さんは演出をズームで行った。 私は、演劇界はコロナがなくても行政からの支援が乏しく厳しい状況なのに、この取り組みを見させてもらって本当に心が熱くなった。また、行政の怠慢さへの怒りがより大きくなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA