2019年を凝視したい

映画「沖縄から叫ぶ 戦争の時代」(61分)が、完成した。反響が、すごい(大げさではなく、ほんとに)。沖縄が、この国の行く末を決める「鍵」を握っているからだ。そして、その中でも大きな役割を果たしているのが、創価学会本部とたたかっている創価学会員と元創価学会員。

今年も1年が終わる。沖縄に飛び込み、本当に多くを学ばせてもらった。高校生のころ、何もかもがいやになり、水俣病をおいかけて新潟まで行ったことを思い出す。あのころと、僕自身は、何も変わっていない。居てもたってもいられなくなり、ただひたすら「沖縄」を撮った。

一言では言えない、「微妙」なところに、今、私たちはいる。立たされていると言ってもいい。大事なことは、今自分が見ているものがすべてではないということ。そして、自分が見ている「小さな世界」から、まだ見えてこない「底の部分」や「未来」を想像する力を見つけ出すこと。きっと、自分にはその力があると信じること。

昨日、レイバーフェスタ2018(レイバーネット主催)が終わった。いつも僕の映画の音楽を担当してくれている、ジョニーH が、「路上からの発信」という音楽コーナーを作り上げた。私たちたちがなかなか見えていないけど、つながっている世界を作り上げたコーナーだった。これを若い人たちに聴かせたい。

そして僕は、沖縄の離島で起きていることを若い人たちに見せたい。辺野古の情報は、やっと入ってくるようになった。そこには、多くの人たちの努力が必要だった。でも、「座り込み」まではちょっと参加できないという、特に若い人たちに、なぜ座り込みをしなければならないのかを伝えたい。それは、沖縄の離島に行けば分かる。県道を境に、巨大なミサイル基地が作られているからだ。まさに「戦争の時代」である。

あと数日で2018年は終わるけど、恐ろしいスピードで2019年はやってくる。乗り遅れることは、損だ。来年は、いよいよ「みんな」で動きまくる1年だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA