「今日この頃」カテゴリーアーカイブ

国立で「沖縄と本土 一緒に闘う」上映会開催

11月29日、国立市公民館で「未来に向けて 一緒に考えよう! みんなが気がついた時には・・・」というイベントがあり、そこで本作を上映していただきました。(主催:ピースリーディング結(ゆい))

プログラムは、本作以外にピースリーディング(茶色の朝、憲法くん、100年後の人々へ)でした。主催者のみなさんは、沖縄に魅了し、朗読を趣味に公民館の「朗読の会」をたちあげた方々です。演劇人、元教師、主婦など女性を中心に多様な方々が集まって、今回のイベントを企画されました。参加は、20人ほどでした。

続きを読む 国立で「沖縄と本土 一緒に闘う」上映会開催

現地から代表団が上京 馬毛島に基地はいらない!30万を超える署名提出

11月16日馬毛島の軍事基地化に反対する院内集会が参議院議員会館内で開催された(主催・馬毛島への米軍施設に反対する市民・団体連絡会)。それに先立って沖縄等米軍基地問題議員懇談会が開かれ、そこで馬毛島に最も近い種子島から上京した団表団から30万を超える「馬毛島への米軍艦載機陸上離発着訓練(FCLP)の移転に反対する署名」が政府に手渡された。

続きを読む 現地から代表団が上京 馬毛島に基地はいらない!30万を超える署名提出

小平・元気村で上映会

11月9日(月)、夜6時から「沖縄と本土 一緒に闘う」の上映会をやっていただきました。(主催:萩山・小川団地九条の会)場所は、小平市の西武多摩湖線萩山駅から近くの「小平元気村おがわ東」という、廃校になった小学校を公民館に改造した会場です。


続きを読む 小平・元気村で上映会

高校の同窓生の皆さん、人生の大先輩が上映会を企画

11月7日、新宿区にある大久保地域センターで「沖縄と本土 一緒に闘う」の出前上映会を企画していただきました。主催は、有志。何と、長野県の高校生の同窓生で、でもお年は私より大先輩。

きっかけは高校の同窓生で9条の会を作られてから、東京の地でこのような運動を続けてきておられるそうです。主催のMさんは、9月21日に開催された「第56回 憲法を考える映画の会」で本作をご覧になり、その場で私に声をかけてくださいました。上映や運動にご協力をいただいたこと、本当に感謝申し上げたいと思います。

続きを読む 高校の同窓生の皆さん、人生の大先輩が上映会を企画

石垣島住民投票義務付け訴訟判決を受けて 「これでは、市長がなんでもできてしまう」

安里長従弁護団事務局長に聴く

8月27日、全国初の石垣島住民投票義務付け訴訟の判決が出た。結果は、「却下」。内容に踏み込まない門前払いであった。この結果に原告である当事者の皆さんは、一様に「想定外」という感想を漏らしたという。弁護団事務局長の安里長従さんに、その内容について聞いた。(取材・2020年10月22日)

石垣島自衛隊ミサイル基地 防衛省による設計変更・ゲート新設に抗議

石垣島陸上自衛隊ミサイル基地建設は、大幅に遅れをきたしていると報道されながら(10月25日八重山毎日新聞)、私が前回取材した6月から比べると建設現場の様相は一変していた。基地建設現場は周辺の農地からは一望できるほど広がっており、その音量がすごかった。スマートホンの計測器は、平均71.6デシベル(幹線道路、電車内に相当)を記録した。

続きを読む 石垣島自衛隊ミサイル基地 防衛省による設計変更・ゲート新設に抗議

東京ドキュメンタリー映画祭2020に入選

「沖縄と本土 一緒に闘う」(60分)が、12月に開催される「東京ドキュメンタリ映画祭2020に入選しました。この映画祭には昨年も前作「沖縄から叫ぶ 戦争の時代」も準グランプリに選んでいただいており、2年連続となります。うれしい限りです。(今年は、しんどいことがいろいろありましたので尚更です。)

以下、上映スケジュールです。上映館は、JR新宿駅東口から徒歩5分、K’sシネマです。拙作の上位日程は12月5日(土)16時20分~です。ぜひ、劇場の大画面で「沖縄と本土 一緒に闘う」をご覧ください。私も、上映後少しお話をさせていただきます。

続きを読む 東京ドキュメンタリー映画祭2020に入選