「上映会」カテゴリーアーカイブ

初めての主催をしていただきました

今日の「上映屋」は、東京都日野市。会場は、ゆのした市民交流センター」。主催は、日野あじさい上映会です。

今日の上映会の主催者Nさんは、自主上映会開催が初めてとのこと。きっかけは、拙作「沖縄と本土 一緒に闘う」を別の会場でご覧になったIさんから、「上映屋運動というのをやっている人がいるので、やってみない」と誘われてとのことでした。もう、びっくりです。

続きを読む 初めての主催をしていただきました

島の人たちの気持ちは?

12月19日(土)東京都大田区蒲田の生活センターで、「沖縄と本土 一緒に闘う」の上映会をしていただきました。主催は、パルシステム東京南部環境委員会です。

参加は、31人。コロナが大変な中、寒さも厳しい中本当にありがたいです。主催者の皆さん、参加された皆さんに感謝申し上げます。この上映会は、他の本作の上映会で本作をお知りになった方が今回の主催団体の中で話題にしていただき、団体として主催を取り付けていただきました。「上映屋」の私としては、これ以上の喜びはありません。

今回出された質問、ご意見で考えさせられたものがあります。「島の皆さんのお気持ちは、実際のところどうなのでしょう」というご質問です。

続きを読む 島の人たちの気持ちは?

これぞ、手作りの上映会

12月7日、東京都羽村市にあるアイム89(東京教育労働組合)の事務所をお借りして、「沖縄と本土 一緒に闘う」の自主上映会がありました。(主催・アイム89Aの会)

主催していただいた「アイム89Aの会」というのは、もともとは同労働組合の女性部だったのですが、男性にも様々なイベントをよびかけようと「Aの会」としたそうです。

すごかったのは、事務所には暗幕が無かったので、皆さんで事務所内のベニヤ板やブルーシートをかき集めて、まさに即席の映画小屋を作ってしまったことです。(私も手伝わせていただきました。)

続きを読む これぞ、手作りの上映会

東京ドキュメンタリー映画祭で上映 

12月5日「東京ドキュメンタリー映画祭2020」第1日目の16:20から拙作「沖縄と本土 一緒に闘う」を入選作として上映していただきました。

(19) #沖縄と本土_一緒に闘う – Twitter検索 / Twitter

まず、映画祭主催者に本当に感謝したいです。この映画が完成したのは今年4月。その後、コロナでなかなか上映会が開くことができず、それでも6月の完成上映会を皮切りに試行錯誤の日々が続きました。そして半年たってこの映画を皆さんどのように受け止めてくださっているのかが、今日実感できました。この映画を作って、本当に良かったと思えた1日です。

続きを読む 東京ドキュメンタリー映画祭で上映 

国立で「沖縄と本土 一緒に闘う」上映会開催

11月29日、国立市公民館で「未来に向けて 一緒に考えよう! みんなが気がついた時には・・・」というイベントがあり、そこで本作を上映していただきました。(主催:ピースリーディング結(ゆい))

プログラムは、本作以外にピースリーディング(茶色の朝、憲法くん、100年後の人々へ)でした。主催者のみなさんは、沖縄に魅了し、朗読を趣味に公民館の「朗読の会」をたちあげた方々です。演劇人、元教師、主婦など女性を中心に多様な方々が集まって、今回のイベントを企画されました。参加は、20人ほどでした。

続きを読む 国立で「沖縄と本土 一緒に闘う」上映会開催

小平・元気村で上映会

11月9日(月)、夜6時から「沖縄と本土 一緒に闘う」の上映会をやっていただきました。(主催:萩山・小川団地九条の会)場所は、小平市の西武多摩湖線萩山駅から近くの「小平元気村おがわ東」という、廃校になった小学校を公民館に改造した会場です。


続きを読む 小平・元気村で上映会

高校の同窓生の皆さん、人生の大先輩が上映会を企画

11月7日、新宿区にある大久保地域センターで「沖縄と本土 一緒に闘う」の出前上映会を企画していただきました。主催は、有志。何と、長野県の高校生の同窓生で、でもお年は私より大先輩。

きっかけは高校の同窓生で9条の会を作られてから、東京の地でこのような運動を続けてきておられるそうです。主催のMさんは、9月21日に開催された「第56回 憲法を考える映画の会」で本作をご覧になり、その場で私に声をかけてくださいました。上映や運動にご協力をいただいたこと、本当に感謝申し上げたいと思います。

続きを読む 高校の同窓生の皆さん、人生の大先輩が上映会を企画