「緊急事態宣言」下の目黒区長選挙で前進

市民連合めぐろ・せたがや 沢井正代さんに聴く

「緊急事態宣言」下という本来あってはいけない状況下で、野党共闘による目黒区長選挙が実現し闘われた。結果は、惜敗。前回の結果から比べると、山本ひろこさんは候補者が増えたにもかかわらず票数を増やし、大きな前進をかちとった。

続きを読む 「緊急事態宣言」下の目黒区長選挙で前進

「沖縄と本土 一緒に闘う」(60分) 完成上映会を延期いたします DVD販売開始!

*4月23日予定の上映会は、延期です

4月23日(木)夕方7時開演予定、私の新作映画「沖縄と本土 一緒に闘う」(60分)の完成上映会(主催・ビデオアクト 第100回定期上映会)について、会場の東京ボランティア市民活動センターから「緊急事態宣言が出た関係で、5月6日まで休館となります」という連絡が入りました。

非常に残念ですが、4月23日の完成上映会は中止とせざるをえなくなりました。

続きを読む 「沖縄と本土 一緒に闘う」(60分) 完成上映会を延期いたします DVD販売開始!

コロナ危機下で市民の意思を政治に 目黒区長選挙まであと3日

目黒区長選挙投票日(4月19日)まであと3日となる16日、自由が丘駅前で立候補者の山本ひろこさん(立憲民主党、日本共産党、社民党、生活者ネット推薦)、応援弁士に立憲民主党代表代行の中妻昭衆議院議員、日本共産党書記局長の小池晃参議院議員がマイクを握った。

山本ひろ子目黒区長選挙立候補者 街頭宣伝

山本候補をはじめ、すべての弁士の言葉が「コロナ」につながっていた。それは、コロナの最前線が区政であるという発言だった。

続きを読む コロナ危機下で市民の意思を政治に 目黒区長選挙まであと3日

この機こそ、新しいリーダーを!

12日、東京都目黒区で区長選挙が始まった。まさに、コロナ危機の渦中である。行政は、このようなときにも選挙日程を変えようとはしなかった。

この地域は、国政選挙で野党共闘がしっかりできた地区。市民共闘の「市民連合めぐろ・せたがや」があり、先の衆議院選挙では東京選挙区5区で比例復活当選、6区で小選挙区勝利をあげている。今回の区長選挙もしっかり野党共闘候補(立憲民主、共産、社民、生活者ネット推薦)ができ、山本ひろこ候補が立候補した。

動画(13分)
続きを読む この機こそ、新しいリーダーを!

オリエンタルランドはキャストに10割休業補償を

4月9日、休業を続けている東京ディズニーリゾート(TDR)を経営する株式会社オリエンタルランドに対して、自宅待機が続いている準社員(キャスト・出演者)に対して、10割の休業補償をするよう再度会社に求めた。(労働組合なのはなユニオン、オリエンタルランドユニオン)

続きを読む オリエンタルランドはキャストに10割休業補償を

完成上映会中止or延期にあたって 少しでも多くのエネルギーをためて

4月23日(木)夕方7時開演予定、私の新作映画「沖縄と本土 一緒に闘う」(60分)の完成上映会について、会場の東京ボランティア市民活動センターから「緊急事態宣言が出た関係で、5月6日まで休館となります」という連絡が入りました。

非常に残念ですが、4月23日の完成上映会は中止とせざるをえなくなりました。

新作映画「沖縄と本土 一緒に闘う」より

「残念」という実感が一番します。そして、「納得」ができません。「緊急事態宣言」のおかげです。開館しても罰則は受けないのですが、もし開館して何かあった場合国は何も責任は負わず、すべて当該に責任が行く仕組みができたということです。何よりも「宣言」の根拠となるはずのPCR検査が東京の場合でも異常に少なく、感染実態がほとんど把握できていない中での行政指導はあってはならないことです。

続きを読む 完成上映会中止or延期にあたって 少しでも多くのエネルギーをためて

コロナがあろうと、たたかいをやめるわけには・・・

緊急事態宣言、とても危険だと思うのだけれど、闘う側も1枚岩になれていないのではと思わらざるを得ません。

ひとつは、緊急事態宣言反対がわたしたち共通のスローガンになれていません。(嘆いているのではなく、確認したいのです、束ねられてないことを)

緊急事態宣言が必要だという「雰囲気」が、かなり蔓延していると思います。しかし、ちょっと新聞を読めば(6日の朝日新聞・20面)、「緊急事態」は庶民の生活だということがわかります。そこには、休業補償がまったくされていない企業の労働者が連合の労働相談に来ているという記事がありました。

続きを読む コロナがあろうと、たたかいをやめるわけには・・・

明日、「緊急事態宣言」マスコミは、完全後追い、立民党も!?

コロナの問題、一見複雑で、見えにくい問題のように思えていましたが、この1~2日間、特に明日「緊急事態宣言」をとうとう出すと言い出した政府を見て、福島、安保、沖縄、野党共闘の経験をふまえてで非常によく見えてきました。

この社会の、「あるべき姿」の考え方が政権と僕たちは真逆なのだと。

医療、福祉に防衛予算を一気に回せば、もっと早くコロナを止める動きを作れたのではという仮説を、私たち市民にたてる権利はあると思うのです。

少なくとも現政権は、「思い切った政策」を実行に移してはいない。

辺野古工事をいったん中断して、一部お金をコロナ対策にまわせないのかと思うのです。

続きを読む 明日、「緊急事態宣言」マスコミは、完全後追い、立民党も!?

石垣取材を中止

13日から19日までの石垣島取材を中止にしました。理由は、次々に羽田ー那覇便、那覇ー石垣便が欠航になっており、僕の便も欠航になる可能性が出てきたからです。
また4月中の便は、早割でもキャンセル便は、全額払い戻しがされるようになったということもあります。
石垣島では石垣市から、島外に出た島民は2週間外出自粛要請が出ているそうです。
実質、「緊急事態宣言」と言っていいのではないでしょうか。

続きを読む 石垣取材を中止

コロナ報道の難しさ

コロナ報道は、難しい。世のジャーナリストは、プロを含め、この「難しさ」をどう感じているだろうか?

3・11と比較する。3・11もかなり難しいと思う(進行形である。)。

コロナの難しさ、思いつくまま列挙してみると、
1、見えないのは当然として、数値化しにくい(放射線の方が、まだ数値化できる)
2、「被害」が見えにくい。解雇等の悲惨さが、深層に沈んで庶民に見えづらい。
3、3・11の時と同じ、「メディアだのみ」「行政頼み」になっている。まだ3・11の時の方が、集会で情報交換できた。
等であろうか。

続きを読む コロナ報道の難しさ